9/17 公式記録会ハンドガンクラス【競技結果】を掲載しました

投稿者: | 2016年9月19日

APSシューターの皆さんこんにちは
先日は、すみだ産業会館で第27期のハンドガンクラスの開幕戦が開催されました
参加された選手の皆様、スタッフの皆様、大変お疲れさまでした
オープン57名、フリー18名の計75名の選手で競技が行われました

20160919-02

各部門上位入賞選手を発表します
おめでとうございます

オープンサイト部門上位入賞選手
【優勝】 広石  裕 選手 181-4x
【2位】  渡辺  敦 選手 176-4x
【3位】  宮原 正人 選手 173-5x

フリーサイト部門上位入賞選手
【優勝】 奥  智昭 選手 194-6x
【2位】  細野  透 選手 182-7x
【3位】  井沢 誠賢 選手 179-2x

全競技結果はこちらのページをご覧ください

20160919-01

総合上位3名のスリーショットです
公式戦の表彰は部門混合になりますので
総合優勝はフリー奥選手(中央)、2位はオープン広石選手(左)、3位はオープン渡辺選手(右)
になります

奥選手はダットサイトで出場、プレート競技を満射して文句なしの高得点で総合優勝です。
広石選手はオープンサイト部門で優勝、総合順位では2位です。そして念願のマスターに昇格されました。開幕戦早々一番嬉しい結果を出せたのではないでしょうか。
渡辺選手は3位入賞。プレート競技での失点がもったいなかったですね。

リザルトを見て特筆すべきことは
山中選手が169-4xでオープンサイト4位にランクインしています。本大会に続いて公式戦で前向きな結果が出せているようですね。
6位の駒井ありさ選手はシルエットを満射しています。シルエットを満射したときには、ひと際大きな拍手が鳴っていました。ブルズも96点です。上手い。
フリーサイトでは細野選手が今回も安定した実力を発揮していましたが、プレート競技で、かすりヒットで倒れない的が何枚かあって点数を落としてしまいました。ジャッジしている側からすると、かすりヒットのときの倒れるか倒れないかはもう「本人の気合」のように思えます。
石井佳子選手はプレート52、シルエット38で、この2競技はまずまずの及第点だったと思うのですが、ブルズで大きく失点してしまいトータルスコアを伸ばせなかったようです。APS競技は、3つの異なる射撃で合計得点を競うことが面白くもあり、好成績を出す難しさでもありますね。

20160919-0320160919-0520160919-04

今回は全体的に成績アップした選手が多かったみたいで
マスターバッジを獲得した選手がいつもよりたくさんいた気がしました。
おめでとうございます。
マスターバッジ獲得選手には近日中に発送しますので、しばしお待ちください。

また、会場設営作業にも朝早くから多くの選手が自主的にお集まりくださり、
本当にありがとうございました。
お陰さまで、設営も撤収も短時間で行えておりますので
進行スケジュールに余裕が生まれ、参加者の受け入れも100人はいけそうです。
今期は100人公式を目指したいですね。

チョット思ったんですけど、
今のトイガン業界でこんな風に業界団体(メーカー)と選手(ユーザー)とが近い距離感で、
一緒になってイベントを続けているっていう状況は希有であり、
メーカーとユーザーとイベントが三位一体となった、ひとつの理想の形のような気がするのです。
これは大変素晴らしいことなんじゃないでしょうか。
これからも皆さんとご一緒に、より良い公式戦を運営していきたいと思っています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

最後に、この度の公式ではマルゼン様、ホビーショップフロンティア様、マック堺様より協賛品を賜りました。厚く御礼申し上げます。

2016/9/17 第27期-第1回 JASG主催 公式記録会ハンドガンクラス イン すみだ産業会館
【主催】日本エアースポーツガン協会(JASG)
【運営協力】 マルゼン、参加選手の皆様
【協賛品のご提供】マルゼン様(APSバイオBB弾0.29g)
            ホビーショップフロンティア様(初参加選手にスーパーグランドマスターBB弾)
         マック堺様(オリジナルボールペンとピンズ)